IC乗車券&電子マネーとしてのSuica(スイカ)


「Suica(スイカ)」は、JR東日本が発行するカード型のIC乗車券(電子乗車券)です。
JR東日本運営区域の鉄道・バス共通利用できる「Suica(スイカ)」は、JR東日本区域以外でも相互利用関係にある全国の各JR区間、及び首都圏の私鉄・バス利用できる「PASMO(パスモ)」をはじめ全国の私鉄系IC乗車券導入区間でも利用できます。
特に、首都圏では、「Suica(スイカ)」または「PASMO(パスモ)」のどちらかを持つことで、首都圏の電車とパスのほとんどを利用することができます。
IC乗車券の相互利用について詳しく >>
また、「Suica(スイカ)」は電子マネーとしても利用することもできます。

Suica(スイカ)電子マネーでショッピング

「Suica(スイカ)」は電車・バスのIC乗車券としてだけではなく、電子マネーとしても利用できます。駅ナカのSuica(スイカ)電子マネー加盟店はもちろんのこと、全国のコンビニやスーパー、ショッピングセンターなどでも利用できます。今後さらに利用店舗も順次拡大される予定です。電子マネーとしての利用可能店などについて >>

モバイルSuica(スイカ)

携帯電話でモバイルSuica

モバイルSuicaの携帯画面写真

「モバイルSuica(スイカ)」は、スマートフォンや携帯電話へアプリをダウンロードし、「モバイルSuica会員」へ登録することで利用可能となります。ドコモ、au、ソフトバンク他、モバイルSuica対応端末であれば利用できます。カード型Suicaとほとんど同様に使うことかできます。モバイルSuicaについてもっと詳しく >>

Suicaオートチャージ対応クレジットカードとは

VIEW Suicaロゴ

「Suica(スイカ)」には、Suica機能を搭載した「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」があります。詳しくはこちらのページでご説明しています。
「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」には、左記画像の「VIEW」のロゴと「Suica」のロゴが、クレジットカード券面に付いています。
「オートチャージ機能付きビューSuica(スイカ)カード」を利用する利点としては、チャージ(入金)をする面倒がないことの他にも、チャージ分がポイント付与対象になる、クレジットカード利用で得たポイントを「Suica(スイカ)」へ戻して(チャージして)乗車運賃や電子マネーとして使える点があげられます。
「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」は、オートチャージだけでなく、任意での都度のチャージも可能です。

「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」としては、
「ビュー・スイカ」カード「JALカードSuica」「ANA VISA Suicaカード」「イオンSuicaカード」などがあります。
※上記カードはモバイルSuicaへのチャージ&オートチャージも可能で、ポイントも付きます。
年会費無料の「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」をお探しの方は、こちらの「年会費無料Suicaクレジットカード」をご参照ください。具体的には、「イオンSuicaカード」と「ビックカメラSuicaカード」です。
クレジットカードの裏面に定期券情報が書き込める「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」は、「ビュー・スイカカード」及び、「ビュー・スイカカード」と提携カードの「ルミネカード」があります。クレジットカードとSuica定期券を一枚のカードで使いたいという方にオススメです。「ビュー・スイカカード」のページに「ルミネカード」もご紹介しています。

モバイルSuicaへのクレジットカードチャージなら
Suica機能を搭載していないクレジットカードでも、モバイルSuicaへのチャージでしたら多くのクレジットカードが対応しています。
しかし、モバイルSuicaへのチャージ分に関しては、ポイント付与対象外としているクレジットカードもあります。
モバイルSuicaへのチャージ分もポイント対象としているカードは当サイトでご紹介していますのでご参考にしてみてください。

●モバイルSuicaへのチャージでポイントを得られるクレジットカードは、
「楽天カード」「ファミマTカード」「Yahoo JAPANカード」「JMBローソンPonta(ポンタ)カード」「エポスカード」「ライフカード」「NTTグループカード」などです。これらのクレジットカードは全て年会費無料です。

Suicaのクレジットカード申し込み時に用意しておきたいもの

金融機関口座番号が分かるもの
金融機関の通帳
Suicaのクレジットカードに限らず、インターネットでのクレジットカード申し込み時には、クレジットカード利用代金の引き落とし口座番号の入力を求められる場合があります。
ですので、お手元に、銀行などの金融機関預金通帳かキャッシュカード、あるいは口座番号のメモ等を準備しておくといいです。
(クレジットカード会社によっては、カード発行後に、ネットまたは郵送で引き落とし口座の設定をする場合もあります)
都市銀行、ゆうちょ銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、ネット銀行、農協、漁協などの金融機関であれば、どの金融機関でもいいのですが、クレジットカード会社によっては引き落とし口座として設定できる金融機関が限られる場合もあります。また、クレジットカード会社によっては、ネ一部のット銀行をクレジットカードの引き落とし口座として設定できない場合もあります。

学生の方は親権者の同意

親権者画像

Suicaのクレジットカードに限らず、学生の方がクレジットカードを申し込む場合、基本的に親権者(ご両親など)の同意が必要となります。
なかでも、未成年学生の場合は必須となります。
成年の学生の方は、クレジットカード会社によっては、必ずしも親権者の同意を必要としない場合もありますが、その場合、クレジットカードの利用可能枠(利用限度額)が低く設定される傾向にあります。

ですので、学生の方は、クレジットカードを申し込む前に、親権者(ご両親など)へ、クレジットカードを申し込む旨を伝えておくといいです。
インターネットから申し込む場合、親権者の同意確認は、クレジットカード申し込み後、審査過程で、電話または書面によって行われます。

本人確認書類
本人確認書類画像
クレジットカードの申し込み時、または、受け取り時に、本人確認書類の提出または提示が必要です。

本人確認書類の提出または提示のタイミングとしては、
  • クレジットカード申し込み後、本人確認書類のコピーを、郵送またはFAXで提出
  • クレジットカード申し込み後、本人確認書類をスマホまたはデジカメで撮影して、アップロードする
  • クレジットカード配達時に、配達員さんへ本人確認書類を提示する
※配達時に配達員さんへ提示する方法での本人確認は、楽天カードのテレビCMでもご存知の方も多いと思いますが、楽天カード以外のクレジットカード会社でも取り入れている例が増えてきています。

本人確認書類の種類
●第一に、運転免許証もしくは、運転経歴証明書のコピーです。

●運転免許証もしくは、運転経歴証明書をお持ちでない方は、
パスポート、健康保険証、住民票の写し、個人番号(マイナンバー)カード、在留カード・特別永住者証明書等です。
(クレジットカード会社によって多少異なります)

●本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、現在の住所が確認できる次の書類のいずれか1点のコピーをあわせて用意します。
公共料金の領収書(電話会社(固定電話のみ)、電力会社、水道局、都市ガス会社、NHK発行のもの)
国税または地方税の領収書または納税証明書
社会保険料の領収書

●学生の方は、学生証のコピーの提出も必要です。

オートチャージ機能付きビューSuicaカードの一覧

ビューSuicカード券面写真

「ビュー・スイカ」カード
JR東日本のグループ会社である株式会社ビューカードが発行する「オートチャージ機能付きビューSuicaカード」の本家本元的クレジットカード。Suicaチャージ等JR東日本関連で利用の場合は、なんと1.5%の高還元率でポイントが得られるとってもお得なカード。貯まったポイントをSuicaへチャージして使うこともできます。JR東日本の利用が多い方にお薦めです。

JALカードSuic(スイカ)券面写真

JALカードSuica
JALカードのJMB(JALマイレージバンク)機能に、Suica機能とビューサンクスポイントサービス機能のついた便利でお得なクレジットカード。JALマイルをSuicaへチャージ、ビューサンクスポイントをJALマイルに交換可能。JAL搭乗の多い方へお薦めです。

ANA VISA Suicaカード券面写真

ANA VISA Suicaカード
三井住友VISAカードにANAマイレージ)機能とSuica機能が付いたクレジットカード。ANAマイルをSuicaへチャージ、VISAのワールドプレゼントスポイントをANAマイルに交換可能。ANA搭乗の多い方へお薦めです。「iD」「PiTaPa」へのチャージもOK。

イオンSuicaカード券面写真

イオンSuicaカード
イオンカードにSuica機能が付いたクレジットカード。イオングループ店で買い物をする機会が多く、Suicaを利用している方へお薦め。貯まったときめきポイントはSuicaへチャージして使えます。イオンカード共通特典である、イオングループ店舗で毎日ポイント2倍や、月2回の「感謝デー」の5%割引も適用されます。

モバイルSuicaチャージでポイントが付くクレジットカードの一覧

楽天カード券面写真

楽天カード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率1%)です。「スマートICOCA」チャージもポイント付与。また、JCBブランドなら「nanaco(ナナコ)」チャージもポイント付与となります。ポイント高還元率定番的クレカで、顧客満足度調査No1クレカでもあります。

ファミマTカード券面写真

ファミマTカード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率0.5%)です。「スマートICOCA」「nanaco(ナナコ)」チャージもポイント付与。また「iD」利用分もポイント付与となります。ファミマ利用メインでTポイントを貯めている人の定番的クレカです。

Yahoo JAPANカード券面画像

Yahoo JAPANカード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率1%)です。「スマートICOCA」「nanaco(ナナコ)」「au WALLET(auウォレット)」チャージもポイント付与。貯まるポイントはTポイント。Tポイント加盟店では1.5%還元。Yahooショッピング、LOHACOでは3%還元です。

JMBローソンPonta(ポンタ)カード券面写真

JMBローソンPonta(ポンタ)カード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率0.5%)です。「スマートICOCA」「Edy(エディ)」チャージもポイント付与。また「iD」利用分もポイント付与となります。ローソン利用メインでPontaポイントを貯めている人の定番的クレカです。

エポスカード券面画像

エポスカード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率0.5%)です。「Edy(エディ)」「スターバックスカード」チャージもポイント付与。マルイ店舗・ネット通販での割引きやポイント優遇あり。海外旅行傷害保険が自動付帯。最短即日発行も可能です。

リクルートカード券面画像

リクルートカード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率1.2%)です。「スマートICOCA」「nanaco(ナナコ)」「Edy(エディ)」チャージもポイント付与。「ポンパレモール」「じゃらん」などリクルートグループ分には2.2%〜4.2%のポイント付与です。通常ポイント還元率1.2%の高還元率カードです。

ライフカード券面写真

ライフカード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率0.5%)です。「iD」利用、「スマートICOCA」「Edy」チャージもポイント付与。誕生月ポイント5倍、ボーナスポイント制度など、ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

NTTグループカード券面写真

NTTグループカード
モバイルSuicaのチャージに対応するカード。モバイルSuicaチャージ分もポイント付与対象(還元率0.5%)です。「スマートICOCA」「Edy」へのチャージへもポイント付与。また、出光ガソリンスタンド給油割引、NTTグループ利用料金キャッシュバックサービスもあります。

Suica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードについてのFAQ

Suica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードの作成にあたって、はじめての方は、いろいろな疑問点があるのではないかと思います。
よくある質問と答えをまとめてみましたので、ご参考になさってみてください。

QSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードは学生や主婦でも作れますか?


A作れます。Suica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードに限らず、クレジットカードの多くは、高校生を除く18歳以上であれば申し込み可能となっています。ですので、学生の方でも主婦の方でも作ることができます。学生の方や専業主婦の方は基本的に収入がありませんので、クレジットカードを申し込んだ際の審査対象は、学生の方は親権者(親など)、主婦の方は配偶者(夫など)となります。


QSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードの入会審査は厳しいのですか?


A申し込むクレジットカードにより審査基準は多少異なりますので、一概に、厳しい・厳しくないとは言えません。比較的審査に通りやすいと言われているのは、「イオンSuicaカード」です。イオンカードは全券種において審査の基準は比較的ゆるやかです。また、モバイルSuica利用なら、「楽天カード」も比較的審査がゆるやかだと言われています。


Q即日発行できるSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードはありますか?


AJR東日本のビューカード(提携カードも含む)では、仮カードの即日発行は行っています。「ルミネカード」、「アトレクラブビューSuicaカード」、「ビックカメラSuicaカード」、「weビュー・スイカカード」、「エスパルカード」が店頭申し込みで、仮カードを即日発行しています。モバイルSuica利用なら、「エポスカード」も即日発行に対応しています。エポスカードはマルイのカード会社ですので、ネットから申し込み後、マルイ店舗内にある『エポスカードセンター』で受け取り可能です。こちらは仮カードではなく本カードを受け取れます。


Q定期券機能付きのSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードはありますか?


Aあります。「ビュースイカカード」、「ビュースイカリボカード」、「ビューゴールドプラスカード」、「ルミネカード」、「アトレクラブビューSuicaカード」は、クレジットカードの裏面に定期券情報が書き込めるようになっています。


QSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードのSuicaでPASMO区間も乗れますか?


Aもちろん乗れます。PASMO区間に限らず、全国の交通IC乗車券導入区間は相互利用可能となっています。ですので、TOICAやICOCA区間などもSuicaで乗車できます。


QSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードでETCカードは作れますか?


A作れます。クレジットカードの申し込み時に、一緒に申し込んでもいいですし、後日、ETCカードが必要になった時に申し込んでもかまいません。


QSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードは解約できますか?


Aもちろんできます。解約・退会の手続きはいつでも電話で手続きができます。


QSuica(スイカ)オートチャージ・クレジットカードは海外でも使えますか?


Aもちろん使えます。クレジットカードには「JCB」「VISA」「MasterCard」などの国際ブランドが付いていますので、各々のブランドのロゴが掲載されているお店なら、国内・海外問わずにショッピングに使うことができます。