ファミマTカード Suicaチャージのメリットなど

ファミマTカード券面画像

ファミマTカード 公式サイト ≫

ファミマTカードは、ファミリーマートでの買い物メインでTポイントを貯めている方にはもちろんのこと、ファミリーマートのヘビーユーザー以外の方にも、Tポイントを貯めている人の定番的クレジットカードとなっています。

Suicaチャージ分にも「Tポイント」が還元率0.5%で貯まります。

Apple Pay(アップルペイ)へ登録可能クレジットカードです。
同じTポイントが貯まるクレジットカードとして『Yahoo! JAPANカード』があります。ファミリーマート以外でのカード利用においては「Yahoo! JAPANカード」の方が全般的にTポイントがお得に獲得できます。Suicaチャージ分へのポイント還元率も、『Yahoo! JAPANカード』は1.0%、『ファミマTカード』は0.5%となっています。
  • カード年会費:永年無料
  • モバイルSuicaのみ対応(アップルペイSuica含む)です。オートチャージには対応してなく、都度のチャージとなります。
  • モバイルSuica年会費:モバイルSuicaの年会費1030円(税込)が別途必要となります。ですがアップルペイでのモバイルSuica年会費は無料です。
  • 基本ポイント付与200円毎に1ポイント(1円相当)付与。モバイルSuicaチャージ分も200円毎に1ポイント(1円相当)。
  • ポイント価値1ポイント=1円。(下記のポイントの交換先・移行先についてを参照) 
  • ポイント還元率0.5%〜1.5%。(下記のポイント付与についてを参照)
  • ポイント有効期限:最終ポイント変動日から1年間。つまり、ポイント加算・交換・利用のいずれかの変動があれば有効期限が1年延長するので、そのポイント変動が1年以上空かない限り実質的には無期限です。

ファミマTカードは、「SMART ICOCA(スマート・イコカ)」「nanaco(ナナコ)」へのチャージもでき、どちらのチャージ分もポイント付与対象となっています。
また、後払い電子マネー「iD」利用分もポイント付与対象となっています。

モバイルSuicaとファミマTカード

ファミマTカードカードからモバイルSuicaへのチャージイメージ画像

ファミマTカードは、モバイルSuicaへ紐付けて使うことができます。

モバイルSuicaもカード型Suica同様に、自動改札機をタッチ&ゴーで通過できますし、Suicaが使えるお店ならレジでお支払いに使うこともできます。

モバイルSuicaの年会費は1,030円(税込)です。(アップルペイのモバイルSuicaは無料)

ファミマTカードからモバイルSuicaへのチャージは、都度のチャージとなります。モバイルSuicaへの入金上限は20,000円となっています。

ファミマTカードからSuicaへチャージした分には、「200円毎に1ポイント(1円相当)」Tポイントが付与(ポイント還元率0.5%)されます。

【モバイルSuicaでできること】
  • IC乗車券
  • モバイルSuica定期券
  • Suicaグリーン券
  • モバイルSuica特急券
  • JR東海「EX-ICサービス」
  • SF(電子マネー)
  • ネットショッピング決済

モバイルSuicaのアプリは、「Google Play」でダウンロードできますし、「モバイルSuiaサイト」経由で「Google Play」へアクセスしてダウンロードもできます。

iPhone Apple Pay(アップルペイ)でのモバイルSuica利用について

ファミマTカードとアップルペイ画像
iPhone Apple Pay(アップルペイ)で、「ファミマTカード」からモバイルSuicaへチャージして利用する場合は、【Walletアプリ】または【Suicaアプリ】を使います。

【Walletアプリ】は、アップルペイへあらかじめインストゥールされています。
【Suicaアプリ】は、App Storeでダウンロードできます。

アップルペイのWalletアプリまたはSuicaアプリで、「ファミマTカード」からSuicaへチャージした分にも、「200円毎に1ポイント(1円相当)」Tポイントが付与(ポイント還元率0.5%)されます。

※iPhone Apple Pay(アップルペイ)のSuicaアプリは年会費無料なのでお得です。(携帯やアンドロイドスマホのモバイルSuicaは年会費1,030円(税込)です)

※WalletアプリよりSuicaアプリの方が利用できるサービスが多いので、Suicaアプリを使った方が格段に便利です。
iPhone Apple pay(アップルペイ) Suicaと利用可能クレジットカードについてもっく詳しく ≫

リアル店舗ではiD(アイディ)加盟店でも利用できます
iDの画像

「ファミマTカード」をアップルペイへ登録した場合、リアル店舗の「iD(アイディ)」加盟店でも、お支払いに使うことができます。

会計時にレジ等で「アイディで」と伝えて、iPhone等の端末を読み取り機にタッチします。

iD(アイディ)でお支払い分にも、「200円毎に1ポイント(1円相当)」Tポイントが付与(ポイント還元率0.5%)されます。

ほぼ全てのコンビニチェーンが「iD(アイディ)」加盟店となっています。
iD(アイディ)の使えるお店一覧→

NTTドコモユーザーならアンドロイドスマホ・携帯電話で「iD」が使えます
NTTドコモのおサイフケータイ機能が付いているアンドロイドスマホ・携帯電話をお持ちの方も、「iD」を利用することができます。

「ファミマTカード」がお手元に届いたら、カード会員用ウェブサイトから「iD」を申し込むこともできます。もちろん、入会金も年会費も無料です。


ファミマTカードのポイント付与について

●国内・海外のJCBカード加盟店でのショッピングや飲食利用、公共料金の支払い、ETCカード利用など「200円毎に1ポイント(1円相当)」付与。JCBのOkiDokiポイントではなく、Tポイントが付与されます。

●Tポイントの加盟店では、ファミマTカード提示・現金支払いで「100円毎または200円毎に1ポイント(1円相当)」付与。さらに、ファミマTカードでのカード払い、または「iD」払いだと「200円毎に1ポイント(1円相当)」加算付与となります。

●ファミリーマートでの買い物時は、ファミランクという1ヶ月間の買い物金額によって翌月のポイントレートが決まり、
4,999円までの方はブロンズで、「200円毎に1ポイント(1円相当)」付与、
5,000円〜14,999円の方はシルバーで、「200円毎に2ポイント(2円相当)」付与、
15,000円以上の方はゴールドで、「200円毎に3ポイント(3円相当)」付与となります。
以上のポイント付与は、ファミマTカードの提示のみでも貰えます。

さらに、ファミマTカードでのカード払い、または「iD」払いだと「200円毎に1ポイント(1円相当)」加算付与となります。

毎週火曜日・土曜日「カードの日」となっており、ファミリーマートで買い物時、カード提示でもらえる基本ショッピングポイントが「200円毎に3ポイント(3円相当)」付与、さらにカード払いまたは「iD」払いでのクレジットポイントが「200円毎に2ポイント(2円相当)」付与となります。
でポイント2倍付与。

毎週水曜日「レディースデー」となっており、女性の方に限り、ファミリーマートで買い物時、カード提示でもらえる基本ショッピングポイントが「200円毎に2ポイント(2円相当)」付与となります。

●25歳位以下のファミマTカード会員の方は、ファミリーマートで買い物時、「若者応援ポイント」制度が適用となり、いつでも、カード払いまたは「iD」払いでのクレジットポイントが「200円毎に2ポイント(2円相当)」付与となります。

「iD」利用可能店で「iD」で支払いの場合は「200円毎に1ポイント(1円相当)」付与。

「モバイルSuica」へのチャージ分も「200円毎に1ポイント(1円相当)」付与。

「SMART ICOCA(スマート・イコカ)」「nanaco(ナナコ)」へのチャージ分も「200円毎に1ポイント(1円相当)」付与。

ファミマTカードのポイント交換と移行先について

ファミマTカードが加盟しているポイントプログラム「Tポイント」で貯まったポイントは、ファミリーマートやTポイント加盟店で「1ポイント=1円」として1ポイントから利用できます。

Tポイントが使える加盟店として、TSUTAYA、スリーエフ、Yahooショッピング、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、牛角、ロッテリア、ドトールなどがあります。

「Suicaポイント」への交換は、Yahoo JAPAN経由で行えます。Yahoo JAPANのIDが必要です。

●Suicaポイント:
500ポイント以上100ポイント単位
交換レートは、100Tポイント → 85Suicaポイント
Suicaポイントクラブへ事前に登録しておく必要があります。

また、ANAマイルへの交換も可能です。

●全日空ANAマイレージ・マイル:
500ポイント以上500ポイント単位
交換レートは、500Tポイント → 250ANAマイル

Suica支払いでポイントが貯まる

Suica利用でJRE POINTが貯まる画像

2017年12月5日、Suicaポイントが「JRE POINT」へ共通化されたことにともない、「Suicaポイントクラブ」はなくなりました。

また、「Suicaポイントクラブ」マークに取って代って、上記画像の「Suica JRE POINT」マークが掲示されようになっています。

ですが、名称以外の変更はほとんどなく、「Suicaポイントクラブ」マークのあるお店で、お買物の際に、Suicaでお支払いをすると、「100円または200円毎に1ポイント(1円相当)」Suicaポイントが貯まっていましたが、2017年12月5日からは、“Suica利用で「JRE POINT」が貯まる”ように変更されただけです。

Suicaお支払で貯まるポイント付与も、今までと同じで「100円または200円毎に1ポイント(1円相当)」JRE POINTが貯まります。

貯まった「JRE POINT」は、Suicaへチャージして使えます。

「ファミマTカード」からSuicaへクレジットチャージするときに0.5%のポイントが付き、Suicaでの代金支払いで0.5〜1.0%のポイントが付くということですから、合計で1.0%〜1.5%のポイント還元ということになります!

「JRE POINT WEB会員」へは無料で登録できますので、是非、登録されるといいです。

Suica利用で「JRE POINT」が貯まるお店としては、駅ナカのコンビニ・売店・飲料自動販売機・駅ビル・駅構内店舗・飲食店・お弁当・お土産、街ナカではスリーエフ・イトーヨーカドー・アリオ・紀伊國屋書店・コナカ・洋服の青山などがあります。
(※街ナカのお店は全国の店舗ではないですのでご注意ください)

Suicaポイント→「JRE POINT」共通化について詳しく→

ファミマTカードの家族カードについて

本会員カードと家族カードのイメージ画像

ファミマTカードは、残念ながら、家族カードの発行はしていません

ただ、ファミマTカードは永年年会費無料ですから、家族が各々ファミマTカードを持っても年会費コストはかかりませんので、各々お申し込みになってもよいのではないでしょうか。

ファミマTカードはそれほど入会審査が厳しくないですし、本会員の方が審査に通ってファミマTカードを持っているのでしたら、扶養されている家族の方がお申し込みになられてもほぼ審査に通る可能性が高いです。

ファミマTカードの概要と申し込み

【ファミマTカード入会キャンペーン】
期間:開催中。

 

(1)新規お申し込み後、発行されたファミマTカードで、200円(税込)以上のクレジット払いを1回ご利用ごとにTポイントを200ポイント(200円相当)プレゼント。最大2,000ポイント(2,000円相当)プレゼント。

 

(2)携帯電話(ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile)料金お支払い登録で、Tポイントを1,000ポイント(1,000円相当)プレゼント

 

(4)電気料金お支払い登録で、Tポイントを1,000ポイント(1,000円相当)プレゼント

 

年会費 年会費永年無料。
カード入会基準

高校生および高専生を除く18歳以上の方はお申し込みいただけます。
また、未成年の方は親権者の同意が必要です。
したがいまして、大学生に等の学生・主婦(主夫)・パート・アルバイト・自営業・年金受給者などの方もお申し込み頂けます。

カード発行日数 約2週間。
追加カード

ETCカード(年会費無料)。
家族カードはありません。

カードブランド JCB [JCBカード]
自動付帯保険 盗難紛失保障。
カード発行会社 ポケットカード株式会社