ライフカード

ライフカード券面画像

ライフカード 公式サイト ≫
毎年の誕生月にはポイント5倍付与(ポイント還元率2.5%)や、ボーナスポイント制度などがあり、ポイントを貯めやすいクレジットカードとして根強い人気があるカードです。最短3営業日発行のスピード発行です。

Suicaチャージ分にも「LIFEサンクスプレゼントポイント」が貯まります。

Apple Pay(アップルペイ)へ登録可能クレジットカードです。

カード年会費:永年無料
モバイルSuicaのみ(アップルペイSuica含む)対応です。オートチャージには対応してなく、都度のチャージとなります。
モバイルSuica年会費:モバイルSuicaの年会費1030円(税込)が別途必要となります。ですがアップルペイでのモバイルSuica年会費は無料です。
基本ポイント付与100円毎に0.1ポイント付与。モバイルSuicaチャージ分も100円毎に0.1ポイント。
ポイント価値1ポイント=5円〜6.6円。(下記のポイントの交換先・移行先についてを参照) 
ポイント還元率0.5%〜20.0%以上。(下記のポイント付与についてを参照)
ポイント有効期限:最長5年。

カード新規入会後1年間はポイント1.5倍付与、毎年の誕生月ポイント5倍付与、さらに1年間でカード利用総額が50万円以上に達した時点で300ポイントのプレゼント、と大変ポイントが貯まりやすいカードとなっています。また、1年間のカード利用総額に応じて、次年度のポイントステージがアップします。

ライフカードは、「SMART ICOCA(スマート・イコカ)」「楽天Edy(エディ)」へのチャージもでき、どちらのチャージ分もポイント付与対象となっています。
また、後払い電子マネー「iD」利用分もポイント付与対象となっています。

iPhone Apple Pay(アップルペイ)でのモバイルSuica利用について

ライフカードとアップルペイ画像
iPhone Apple Pay(アップルペイ)で、「ライフカード」からモバイルSuicaへチャージして利用する場合は、【Walletアプリ】または【Suicaアプリ】を使います。

【Walletアプリ】は、アップルペイへあらかじめインストゥールされています。
【Suicaアプリ】は、App Storeでダウンロードできます。

【Walletアプリ】に登録できる「ライフカード」は、JCB、Mastercardブランドのいずれかです。VISAブランドは登録できません。

【Suicaアプリ】に登録できる「ライフカード」は、JCB、Mastercard、VISAブランドのどれでもOKです。

アップルペイのWalletアプリまたはSuicaアプリで、「ライフカード」からSuicaへチャージした分にも、「100円毎に0.1ポイント(0.5円相当)」LIFEサンクスプレゼントポイントが付与(ポイント還元率0.5.0%)されます。

※iPhone Apple Pay(アップルペイ)のSuicaアプリは年会費無料なのでお得です。(携帯やアンドロイドスマホのモバイルSuicaは年会費1,030円(税込)です)

※WalletアプリよりSuicaアプリの方が利用できるサービスが多いので、Suicaアプリを使った方が格段に便利です。
iPhone Apple pay(アップルペイ) Suicaと利用可能クレジットカードについてもっく詳しく ≫

リアル店舗ではiD(アイディ)加盟店でも利用できます
iDの画像

「ライフカード」をアップルペイへ登録した場合、リアル店舗の「iD(アイディ)」加盟店でも、お支払いに使うことができます。

会計時にレジ等で「アイディで」と伝えて、iPhone等の端末を読み取り機にタッチします。

iD(アイディ)でお支払い分にも、「100円毎に0.1ポイント(0.5円相当)」Tポイントが付与(ポイント還元率0.5%)されます。

ほぼ全てのコンビニチェーンが「iD(アイディ)」加盟店となっています。
iD(アイディ)の使えるお店一覧→

NTTドコモユーザーならアンドロイドスマホ・携帯電話で「iD」が使えます
NTTドコモのおサイフケータイ機能が付いているアンドロイドスマホ・携帯電話をお持ちの方も、「iD」を利用することができます。

「ライフカード」お申し込み時に、申し込み画面で「ライフカードiD」申し込みにチェックをします。
または、「ライフカード」がお手元に届いてから、カード会員用ウェブサイトから「iD」を申し込むこともできます。もちろん、入会金も年会費も無料です。


ライフカードのポイント付与について

●国内・海外のカード加盟店でのショッピングや飲食利用、公共料金の支払い、ETCカード利用など、月のカード利用額合計「100円毎に0.1ポイント」付与。

「モバイルSuica」へのチャージ分も「100円毎に0.1ポイント」付与。

●電子マネー「iD」利用分も「100円毎に0.1ポイント」付与。

「楽天Edy」へのチャージ分は「100円毎に0.05ポイント」付与、「SMART ICOCA(スマート・イコカ)」へのチャージ分は「100円毎に0.1ポイント」付与。

●ライフカードへ新規入会後1年間1.5倍のポイント付与。全てのポイント付与において1.5倍となります。

毎年の誕生月5倍のポイント付与。全てのポイント付与において5倍となります。ですから、誕生月にまとめてショッピングをしたり、まとめてチャージしたり、定期券を長めの期間で購入しポイントをより有利に貯める人も多いです。

●1年間のポイントプログラムの期間中に、カード利用総額が50万円に達した時点で、ボーナスポイント300ポイントのプレゼント

●ライフカード会員限定のショッピングモーモ「L-Mall」経由でショッピングをすると、通常のポイントに加え2倍〜20倍以上のボーナスポイント付与。お店によってボーナスポイントは異なります。「L-Mall」には、楽天市場、Yahooショッピング、無印良品、ベルメゾンネット、DHCなど有名ネットショップ多数あります。ネットショッピングは「L-Mall」を経由することを習慣化すればそれだけ多くのポイントを獲得できます。

●前年度の年間カード利用総額に応じてポイントステージがアップします。
・カード利用総額50万円以上で通常の1.5倍、つまり「100円毎に0.15ポイント」付与、
・カード利用総額150万円以上で通常の2倍、つまり「100円毎に0.2ポイント」付与、
したがいまして、前年度150万円以上利用すると、ポイント還元率1%となりますので、公共料金の支払いなどをライフカードに集約するなどして年間150万円以上の利用をするようにすれば、継続的にポイント還元率1%を維持することができてとてもお得です。

ライフカードのポイント交換と移行先について

ライフカードのポイントプログラム「LIFEサンクスプレゼント」で貯まったポイントは、商品や各ギフト券等と交換できます。また、下記の提携ポイント先へ移行することもでます。全ての移行において手数料は無料です。

ただし、「LIFEサンクスプレゼント」ポイントは、Suicaポイントへの交換ができないので、貯まったポイントをSuicaへチャージして使いたい人には不向きのカードとなります。

「JCBギフトカード」「図書カード」「クオカード」「JTBトラベルギフトカード」へは、
1000ポイントからの交換となるのですが、15000ポイントでの交換の場合1ポイントあたり約6.6円換算となり、円換算で計算した場合1ポイントあたりの価値が一番お得となります。

●全日空ANAマイレージ・マイル:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント → 3ANAマイル

●楽天スーパーポイント:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント → 5楽天スーパーポイント(5円相当)

●ベルメゾンポイント:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント → 5ベルメゾンポイント(5円相当)

●Gポイント:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント=5Gポイント(5円相当)

●J-Point:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント=2.5J-Pointポイント(3.125円相当)

●NTTドコモポイント:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント=5ドコモポイント(5円相当)

●auポイント:
300ポイント以上、100ポイント単位で移行。
交換レートは、1ポイント=5auポイント(5円相当)

ライフカードの申し込み

年会費 年会費永年無料。
カード入会基準 日本国内にお住まいの高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方。(未成年の方は、親権者の同意が必要となります。)
カード発行日数 最短3営業日。
追加カード ETCカード(年会費無料)。
家族カード(年会費無料)。
カードブランド VISA masterCard JCB [VISAカード/Masterカード/JCBカード]
自動付帯保険 カード会員保障制度。
カード発行会社 株式会社ライフカード